時間が節約できる

弁護士に依頼する場合の大きなメリットは、解決するまでに物事がスピーディーに進むということです。この点は、個人での取り立てと大きく異なる点の一つでしょう。当事者同士の話し合いは、一見スムーズに進むように感じるでしょう。

しかし、専門家を挟まずに話し合いを進めることにより、法的な拘束力のない約束で満足してしまい、結果的にその後の返済が滞ってしまうことも少なくありません。そのような話し合いをいくら続けたところで問題の解決には程遠く、時間と労力だけを浪費することになるでしょう。

そこで弁護士に介入してもらうことによって法的拘束力もある約束をすることや、もし履行されない場合の次の手段なども明確に提示することが可能になります。もちろん、債務者が返済に応じる意思がある場合にはどのような返済方法が一番現実的なのかもしっかりと話し合いをしてくれますし、問題のポイントが分かりやすく整理されるためその後の返済計画も立てやすくなることでしょう。

こうした回収に要する時間的な負担や、ストレスを軽減できるだけでも弁護士に相談した意義を感じることができるでしょう。債権者も債務者も、お互いのために弁護士による早期の解決を目指しましょう。